2011年09月29日

グリー ザ・コンサート・3Dムーヴィー(11年)

Glee The 3D Concert Movie(11年)

グリーの3Dコンサート・ムーヴィー…どれだけ楽しみにしていたことか。
残念ながらあちらに見に行くだけのエネルギーは持ち合わせていないのでYou-Tube等にアップされるファンの方の投稿映像等で糊口を凌いでいた私でありますが、そんな私を含めたたくさんの人たちの思いを察するようにコンサートを映画にしてくれるとの発表。気持ちは小躍りどころか大躍りでございました。

映画はコンサートに集まったグリークたちの番組に対する熱いコメントからスタート、そこからアスペルガー症候群(軽度の自閉症)の女性、ゲイの男子大学生、低身長症のチアリーダーの逸話に絞っていき、グリーを見ていかに元気や生きる勇気をもらったかという話と共に、彼らの気持ちを代弁するような形で(そうじゃないものもあるけど)コンサートで歌われた楽曲がインサートされていくという構成になっています。
つまり、いつもドラマでやっていることのドキュメンタリー版という感じでしょうか。
常に問題意識や提言をもって番組制作を行っているグリー製作陣の面目躍如といった内容。
最終的にはこれぞグリー!と納得させられる映画でございました。

…ただ…

上記に書いたのはすごく客観的な感想。この作品自体にケチをつける気は毛頭ありません、という前置きをして書かせていただきますね。

正直期待していたものとは違ったんです。どうしてそういう見当違いの期待をしてしまったかというと

@この映画は、コンサートが見れなかった多くの人のために製作されたという話だった。
Aコンサートの臨場感をより感じてもらうためということで、3D方式の上映になった。
Bパフォーマンスをより自由に楽しむためにスタンディングのイベント上映が企画された。
Cリリースされたサウンドトラックは、通常のコンサートが収録されたものだった。

…ね、これだけの条件が揃えば、ほとんどの人が普通にコンサートが見れると思いますよね。
私も(妻も)すっかりその気で出かけてしまったんです。オープニングで「ドント・ストップ・ビリーヴィン」のイントロが流れてきた時は嬉しくって目がうるうるしてしまいましたよ。さぁこれからコンサートをどっぷりと楽しむぞ!と心も躍る躍るグッド(上向き矢印)
でもその後お馴染みのCM前の効果音に乗ってドキュメントが挟まり、パフォーマンス、ドキュメント、パフォーマンスの繰り返し。あぁ、これは見たいと思っていたものとは違うんだなぁと、正直、テンションが下がっていったとしてもバッド(下向き矢印)…しょうがないですよね?シュー先生やスー先生は影も形もないし、曲間に色々あったはずのスキット(寸劇)も、もちろんバッサリカットだし。

こういう構成に作らずにいられなかったグリー製作陣の気持ちには純粋にリスペクトを覚えますけど、ドラマを見たほとんどのグリークたちはちゃんとそのメッセージを日頃から受け取っているはず。ここはひとつ、我々を信じてエンターテイメントの部分に徹してもらいたかったなぁと思ってしまいました。
ぶつ切りにされたメンバーのパフォーマンスが素晴らしいかっただけに、余計に。

何度も申しますが、この映画はグリーらしい素晴らしい作品です。ただ、私(我々)が見たかったものとは、方向性が違ってしまったという事なんだと思います。
出来れば、ソフト化される時は本編とは別に、コンサートのみをフル収録したバージョンをつけていただける(もしくはそれだけで発売してもOK!)と有難いですね。そうすれば、カートの「シングル・レディース」のパフォーマンスを超楽しみに出かけて行った妻の、ブレイン(ダレン・クリス)を熊五郎呼ばわりする毒舌も少しは収まるでしょうから…。

そうそう、あちらではグリーのシーズン3が始まりましたね。また一週間の楽しみが戻ってきて嬉しい私です(smile)。




posted by Suzu at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・ミュージカル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
なかなかコンサートのドキュメンタリー映画って映画館まで行ってみることがないので小さ目の試写室でしたが、貴重な体験だったかな。最近だとコンサートそのものではないけれどマイケル・ジャクソンのTHIS IS ITを見たときのことを思い出したり。実は真っ先に思い浮かんだのは「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ! 」だったりするのは内緒。コンサートの合間にあちらは作ったドラマをいくつか織り込んだ群像劇的な・・・gleeの映画はノンフィクションでしたがまさにそんな感じでした。大きなスクリーンでやってるうちにもう一度観たいな。
Posted by Alex at 2011年09月30日 02:06
私も最初のDon't stop〜でうるうるしました。
たしかに客観的にはドキュメンタリーを入れた映画も悪くないですが、Youtubeで見ると、他にもいろいろ曲があったみたいなので、コンサートに絞ってたくさん曲が聞けたらもっとうれしかったな〜 
ブレインは熊五郎ですか?www Foxで先週末始まったglee projectではゲストコーチとして出演してますね。この番組も期待以上におもしろくて
はまりそうです。ダンスコーチがcuteだし(^^)
Posted by Ange at 2011年09月30日 10:11
う〜〜ん。そうだったんですねぇ。
僕もパフォーマンスを集めたコンサートだと
期待していたのですが。。。。。。。
映画館で無くてもDVDでも十分かなぁ。。。
こうなると、やっぱりグリーのメンバーで来日公演
して欲しいですね。
Posted by 小さな足 at 2011年10月01日 07:18
Alexさん、こんにちはです。

確かにコンサートのドキュメンタリーを映画館まで見に行こう!なんて事は、滅多にないですよね。「コンサートのドキュメンタリー」だという認識で行けば、決してこんな感想にはならなかった気がします。ファンって勝手に妄想を膨らませますからね…自分も悪かったかなと。もう一度見たいのは、右に同じです(smile)。

Angeさん、こんにちはです。

妻の熊五郎発言は、ほとんど八つ当たりです(smile)。妻はまだシーズン2を見ていないので、ブレインにお馴染み感がないんですよ。お気に入りのカートの出番が少なかった割に、知らない学生服集団が3曲も歌ったってのがお気に召さなかったらしいです。2見たら、感想変わるかもしれませんね。
グリー・プロジェクト、FOXで放送始まったんですか。3の1話にそれらしい人たちが出てましたけど…そちらも面白そうですね。

小さな足さん、こんにちはです。

そうなんですよ、すっかりコンサート見れると思っちゃったものですから…。まぁそれでも彼らのパフォーマンスを大スクリーンで見れたというのは貴重かなと思いますです。そうと知っていけば、楽しめると思いますよ。
来日公演…本当に期待したいですけど、よっぽど国民的に人気が盛り上がらないと、招聘は難しい気がしますよね。プロモーションでもいいから誰か来日しないですかね?
Posted by Suzu at 2011年10月01日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228068496

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。