2010年11月13日

ウォルト・ディズニー・ワールドへ行ってきました。

フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールドに行ってきました。

実は贅沢なことにこれで4回目。99年、00年、02年(01年はカリフォルニアのディズニー・ランドへ)に渡航して以来8年ぶり。海外旅行も新婚旅行を除くとワールドかランドにしか行ったことない我ら夫婦なのでした。
ご存じな方もそうでない方もいらっしゃるでしょうけど、ディズニーワールドは4つのテーマパークと2つのプール、2つのショッピング&歓楽街、20以上のホテルで構成された一大レジャーランド。総面積は山手線内回り面積の1.5倍だそうで、その広大な敷地の中にこれらが点在しています。私は連休に有給を3日つけて6日確保したのですけど、この6日間コースだと、実際向こうにいれるのは3日と1/4日ぐらい。これで全てを回ろうと思うとほとんど寝てる暇はありません。
オフィシャル・ホテル宿泊者の特典として、エキストラ・マジック・アワーという通常開園もしくは閉園後1時間から最大3時間ほど早くまたは遅く入園していられる制度があり、これを利用したり午前2時ぐらいまでやっている歓楽街(ダウンタウン・ディズニー)を見て回っていると、実際本当に寝ないで遊んでいられるんですね。40歳路の私としては正直キツかったです(…なら行くなよ)。

簡単にそれぞれの特色をあげると以下のとおり
・マジック・キングダム…東京ディズニーランドとほぼ同じ
ハリウッド・スタジオ…映画の世界をテーマにした遊園施設。
アニマル・キングダム…サファリ・パークと遊園地が合体した感じ。
エプコット…常設の万博みたいなところ。
ブリザード・ビーチ…雪山がプールになりました、がコンセプトのプール。
タイフーン・ラグーン…嵐に襲われた後の入江、がコンセプトのプール。
・ダウンタウン・ディズニー&ボード・ウォーク…ショッピング街、ディスコ、レストラン、巨大ゲームセンター、シルクドゥ・ソレイユの常設テント等の集合地。
以前はフリーパスでプールにも入れたんですが、内容が変わってプールは別料金に。季節的に涼しい事もあって、今回プールはパスしました。

旅行行程は以下のとおり
1日目-12:00成田発、日付変更線を超えて当日の9:00ダラス着(約12時間)、12:00ダラス発、15:30オーランド着(時差があって約2時間)、17:00ホテル着、18:00からこの日24:00まで開園のエプコットへ。
2日目-9:00からアニマル・キングダムへ。滞在中この日しかやっていない大がかりなショー「ファンダズミック」を見るために17:00にハリウッド・スタジオへ移動。
3日目-9:00からハリウッド・スタジオへ。ある程度見れたので16:00からマジック・キングダムへ、20:00閉園のためダウンタウン・ディズニーへ移動。
4日目-8:00からハリウッド・スタジオへ、10:00からアニマル・キングダムへ、13:00からエプコットへ、15:00からダウンタウン・ディズニーへ、 19:00からこの日深夜2時まで開園のマジック・キングダムへ。
5.6日目-寝る間もなくAM4:00ホテル出発、同様の経路で日付変更線を越え、成田に14:30到着。何だかんだで19:00帰宅。
P1000061.JPG

ANAからAAに
以前の4回の旅行は全てANAのハローツアーだったので今回も真っ先にこれを探したのですが、ANAが業務縮小で旅行業から大幅撤退。仕方なくほぼ同じような日程が組まれたアメリカン航空利用のツアーを申し込みました。アテンダントも全員外人、アルコールは有料とやはりANAと比べるとサービス面等不便な感じ。そして長時間フライトの楽しみのひとつが機内で見れる映画ですよね。けっこうラインナップは充実していて、「トワイライト・サーガ:エクリプス」等もやっていたのでラッキーとチャンネルを合わせると、何とこれがノー字幕、ノー吹き替えの完全原語放映。妻のフリーズした顔が忘れられません…。なかには吹き替えのもあって全部が全部じゃないんですけど、これには出鼻を挫かれましたね。
P1000662.JPG
遭遇
ダラスでの乗り換え、税関に並んでふと後ろを見るとどこかで見覚えのある顔が…娘さんとご一緒の野々村真さんでした。足が長いねーなんて妻と話していてまたふとその後ろを見ると、今度はサッカーの武田修宏さんが。何か番組の収録だねーなんて話ていると、さらに遅れてお笑い芸人のゆってぃが登場。ゆってぃ!と何故かここで妻の興奮が最高潮に。帰国後ゆってぃさんのブログを確認すると、お見かけ出来ませんでしたが、このメンバーに西村知美さん親娘を加えてユニバーサル・スタジオのハリー・ポッターのテーマ・パークのロケだったそうです。若干時間がありそうだったので、写真とってもらえばよかった、ゆってぃと。
ハイスクール・ミュージカル3
今回密かに楽しみにしていたのが、ハリウッド・スタジオで行われているという「ハイスクール・ミュージカル3」のショー。もちろんご本人たちが出てこないのはわかってますが、それでも楽しみにしてたんです。行ってみるとショーのタイトルは「ディズニー・チャンネル・ロック!」。おやおやっと思っていると、案の定あまり馴染みのない曲が次々と。最後にようやくワイルド・キャッツのナンバーが出てきましたが、実は今回これを一番楽しみにしていたという妻の唖然とした顔が忘れられません…(smile)。まぁよく考えれば「3」が公開されたのは1年以上前、本場ならもっと流行の移り変わりは早いですよね。テレビでもガンガン放映されていたのはマイリー・サイラスではなく「ウェイバー通りのウイザード」のセリーナ・ゴメスでしたし。
P1000377.JPG
アトラクション&ショー
さすがに8年も経つと新しいアトラクションやショー等もたくさんできていて。新旧含めて楽しいかったものを少しご紹介。
アニマル・キングダム
「エクスペディション・エベレスト」…ヒマラヤの雪男イエティ伝説をモチーフにしたジェットコースター。乗り心地はビッグ・サンダー・マウンテンに似てますが、頂上まで上がって逆向きに走行したりするのがミソ。P1000108.JPG
「カリ・リパー・ラピッド」…カリフォルニアにもありますが、円形の筏(?)に乗って急流を下るライド。八景島にも同じのがありますよね?しかし濡れ方がはんぱなく、雨合羽がないと全身文字通りのずぶ濡れになります。
「ダイナソー」…昔は「カウントダウン・トゥ・エクステンクション」という名前でしたが、映画「ダイナソー」公開に合わせてこの名前に。11年前に初めて乗った時、全くこの乗り物のことを知らなかったので、としまえんにあった「アフリカ」みたいなゆったり系ライドだと甘く見ていたら、その激しさと恐さにマジで泣きそうになった思い出のあるアトラクション。当時と随分内容がかわっていて、だいぶソフトな演出になっていました(若干拍子抜け)。
「二モ・ザ・ミュージカル」…ターザンのショーの変わりに出来たミュージカル。非常にカラフルなショーで映画「ファインディング・ニモ」の世界を楽しく舞台化していました。
ハリウッド・スタジオ
「トイ・ストーリー・マニア」…開園直後から長蛇の列が出来る現在一番人気のアトラクション(がんばって3回乗りました)。いわゆるシューティング系のライドなんですけど、同じトイ・ストーリーで東京ディズニーランドにもある「バズ・ライトイヤーのスペースレンジャー・スピン」に比べてもっとテレビゲーム感覚で、格段に的に当たった感があるので楽しさが全然違うんです。大人気なのも納得。
「グレート・ムービー・ライド」…古き良きハリウッド映画の名シーンを再現した展示をめぐるライドもの。最後巨大スクリーンに映画の名シーンが次々と映し出されるんですけど、「ファニー・ガール」からハロー・ゴージャスと呟くシーンと、「追憶」からハベルとケイティが抱き合う涙のラスト・シーンと2回もバーブラが登場。これだけで大感動です。
「ロックンローラー・コースター」…エアロスミス・プロデュースの屋内爆走系ジェットコースター。「ウォーク・ディス・ウェイ」や「ラブ・イン・ザ・エレベーター」等のバック・ミュージックに乗って、ネオンの街並み輝く暗闇の中をループありスクリューありでコースターが疾走。その爽快感はハンパないです。
「アメリカン・アイドル・エクスペリエンス」…人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の世界をまんま体験出来るショー。3人の出演者の歌を聴き、観客がジャッジして1位になると、その人が次のステップへ進むという本当のオーディションを兼ねてたりもするんですよね。セットも本物そっくりで、サイモンやポーラ風のコメンテーターがいたり、ライアン・シークレットやジョーダン・スパークスが登場するVが流れたり、アメアイ・ファンには堪らないショー。
P1000406.JPG
エプコット
「ソアリン」…カリフォルニアにあったライドがこちらにも登場。ハングライダーに乗ってカリフォルニアの大自然を空中遊泳するアトラクションですが、とにかくその気持ちよさはワールド随一。混んでて1回しか乗れなかったのが残念。
「ニモ・ウィズ・フレンズ」…水族館をライドに乗って見物する感じですが、実際に魚が泳ぐ水槽にニモのアニメをうまく合成させていたのが楽しかったです。
「キャプテンEO」…何故かエプコットで「キャプテンEO」が再演中。本編が始まる前の待合室で製作の裏側/ドキュメンタリーが流れる新演出。本編でマイケルが登場するとまってましたと観客がやんやの大喝采。そしてまたこの頃のマイケルが超かっこいいんですよね。ちょっと涙が出ちゃいました。
P1000076.JPG
マジック・キングダム
「フィルハーマジック」…3Dメガネをかけて見る「ミッキー・マウス・レビュー」と言えばいいでしょうか。ディズニー映画の世界に紛れ込んだような演出で、劇場型ながらも体感型というとっても楽しいショー・アトラクション。
「ホール・オブ・プレジデンツ」…アメリカの歴代の大統領の人形たちが有名な演説などを聴かせてくれる劇場型アトラクション。オバマさんもしっかり加わってましたが、こういうのが成立し、しかもディズニー・ランド内にあるっていうのが実にアメリカだなぁと思います。日本じゃ考えられませんものね。
あちこち工事中だったのと、すごく混雑していたので他のパークに比べて今回はあまりアトラクションには乗りませんでした。ほぼ東京ディズニー・ランドと同じ内容なんですが、微妙に演出等が違うところがあり、ここが違うあそこが違うと乗り比べ出来るのが楽しいです。
青空への告白
以前の旅行は毎回9月で気候的にはあちらも夏、おまけに湿度も高いので、それだけで体力の消耗が激しかったのですけど、今回は丁度夏から秋冬への季節の変わり目ということで、どちらかというと肌寒い感じで大変すごしやすかったです。ただ丁度寒波が来てるとかであまりお天気はよろしくなく、雨が降ったりやんだりな感じ。しかし最終3日目は気持ちよいくらいに青空が広がる快晴になりました。エプコットで空を見上げたら、飛行機がジェット気流で出来る雲を使って何やら文字を書き始めました。企業の宣伝かな?と思って見ていると、LOVE YOU とか MARRY ME とか TRUST YOU 等の文字…愛の告白っていうか、ちょっと重めの文章で、これって逆プロポーズ?って感じでした。本当にこんなことするんですね。風が強くって書いてるそばから消えていってましたけど、果たして思いは伝わったのか、気になるところです。
P1000586.JPG
疲労、そして…
そんなこんなで寝る間を惜しんで駆けずり回った3日と1/4日。つい自分があれから8歳年取ったということを忘れて楽しんでしたら、帰りの飛行機はもう死んだようにぐったり。おまけに飛行機内の乾燥に負けてすっかり喉をやられ、ただいま風邪ひき爆走中です。あぁ情けなや。
ディズニーがお好きじゃない方もけっこういらっしゃると思いますけど、日常を完全に忘れてしまえるここはよくも悪くも本当に夢の国。アトラクションにしてもショーにしても、子供目線を大切にしながらもしっかり大人が楽しめるエンターテイメントになっているのが素晴らしいです。
ディズニー・ワールド内を回るだけでも大変ですが、車ですぐのところに大型のアウトレット・モールもあるし、行く気になればユニバーサル・スタジオやシー・ワールド、NASAのロケット発射基地も近いので、遊びもお買いものにもこと欠きません。
ほとんどホテルには寝に帰るだけなので、いつもヴァリュー・タイプのホテルにしか泊りませんが、もうちょっと長い休みが取れるようなら、クラスの高いホテルでゆっくり過ごしてみたいものです。定年後、かな…。

以上、いつものようにとりとめがありませんが、楽しい旅行させていただきました!
posted by Suzu at 14:00| Comment(2) | TrackBack(2) | エンタメetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンジョイされてますね!
私も新婚旅行の1992年、94年、2000年、02年と4回WDW行きました(妻の趣味でかなりいやいやではありますが)

Aerosmith懐かしいです
アメアイのSHOW見たいなあ

自分がまた行ったような気分になれました!
Posted by chanpara at 2010年11月17日 00:28
chanparaさん、こんばんわです。

おぉ!凄い、こんな近くにお仲間がいらしたなんて(smile)。
うちも妻の趣味なんですけど、もともと遊園地系も好きですし、色々エンターテイメントとしては楽しみどころが豊富なので、自分もかなり楽しんでます。
奥様また行かれたいんじゃないですか?
刺激しないほうがいいかもしれませんね(smile)。
Posted by Suzu at 2010年11月17日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169131623

この記事へのトラックバック

西村知美
Excerpt: 西村知美さんについてのデータ・最新情報
Weblog: NewData◆ニューデータ
Tracked: 2010-11-14 01:45

ゆってぃ
Excerpt: ゆってぃさんについてのデータ・最新情報
Weblog: NewData◆ニューデータ
Tracked: 2010-11-26 05:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。