2012年05月30日

B.ハワード『ジェネシス』(10年)

B.Howard:Genesis(10年)

小ネタですけど。

B.ハワード、マイケル・ジャクソンが亡くなった時に次世代マイケルは誰?的な特集がよく雑誌で組まれていて、その中の一人で名前が挙がってた方でございます。

名前とジャケットだけが記憶に残っていた訳ですが、ブックオフのワンコイン・コーナーに並んでいたので何気なく手に取って帯の宣伝文句を読んでたら、何と彼、あのミキ・ハワードの息子さんなんですって。80年代のR&Bシーンにとって忘れられない女性シンガーの一人であるミキ、その息子がもうデビューとかしちゃう年代なのかぁと覚えたくない感慨を覚えつつ、ひょえ〜って事でお買い上げしてまいりました。

本国ではまだアーティスト・デビューにはいたっていないのですが、一応ソングライターとしてはニーヨやマーカス・ヒューストン、ジニュワイン等に楽曲提供を行っていて、いわゆる裏方から表舞台へというニーヨ型の展開を狙っている模様。母親の仕事つながりからジャクソン一家とのコネクションもあるようで、本作にもランディ・ジャクソンの娘がバック・コーラスで参加してたりしてますし、マイケルの『デンジャラス』を手掛けたテディ・ライリーも参加。まぁ話題つくりでしょうけど、当初マイケル・ジャクソンの隠し子では?なんて噂もあったみたいですね(実際父親はキミが在籍していたR&Bグループ、サイド・エフェクトのバンマス、オーギー・ジョンソン)。

ということで、宣伝にしても解説等にしても一生懸命マイケルと絡めて売らんかなしてるのアレなんですが、容姿、声質等も確かにジャクソン家っぽいんですよね。「スペンド・ザ・ナイト」なんて「ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」を彷彿とさせるし、「アナンダ」の平和讃歌的な世界観もまんまマイケルだし。
音の作りは流行りのエレクトロ〜シンセ系で、シングル候補の「スーパーモデル」や「ダンスフロア」等ダンス・テイストのR&B作がずららとっと並んでおります。そのスムースな歌声も含めてとても聞きやすくていいなぁとは思うのですが、逆に引っ掛かりが少なくて、つるっと行き過ぎちゃう感じもありますね。どういう風に自分らしさ、個性を出していくかが今後の鍵なのかなぁと。

ようやく全米でも「ダンスフロア」のオンエアが4月から開始になったのだとか。ここはひとつお母様にためにも(マイケル絡みでも構わないので)曲が話題となって、本国デビューにこぎ着ければいいなぁと思いますです。頑張れ、ブランドン!

チャートデータ
チャート入りなし



色んなマイケル的要素が楽しめます。

「Super Model」→http://youtu.be/KElmIkmwlWo

こちらも盛りだくさんです(smile)。



アマゾン、プライスダウン中…。
お母様のベストと近作です。可愛い……。
posted by Suzu at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | R&B系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

ゴティエ『メイキング・ミラーズ』(11年)

Gotye:Making Mirrors(11年)

さてさて、現在シングル「サンバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」が大ヒット中のゴティエさんのアルバム『メイキング・ミラーズ』をご紹介いたします。

ちょっと前からそのアートなPVを含めて話題になっていた曲ではありますが、最近のわたくしの傾向として新しいものはここからという事で、やはりグリー絡み。あちらでは4月に放映されたエピソード「ビッグ・ブラザー」の中で、ブレイン役のダレン・クリスとゲスト出演だったブレインの兄クーパー役のマット・ボマーが熱唱。その後にゴティエ自身が人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したことも手伝って全米では一気に火が付き、5月最終週現在6週目の1位を記録と爆発的なヒットになっています。
グリー版は失恋歌だった元歌を兄弟の確執に置き換えて披露され、場面としてはなかなか優れたものになっていましたけど、とうのゴティエ自身はそのアレンジ等がお気に召さなかったようで取材等で不満を表明、後に若干擁護発言に切り替えたりもしましたけど、本心的にはやはりイマイチだなぁと思ってそうな気配です。

で、ゴティエさん(あぁゴリエが頭に浮かんで…)ですが、ベルギー出身でオーストラリア在住のシンガーソングライター。ゴティエというのはアーティスト名で、この方クレジット等はウォーリーさんとなっています(あぁさらにウォーリーを探せが…)。06年にメジャー・デビューし、07年のオーストラリアのグラミー賞にあたるARIAで6部門を受賞する等の成功を国内では既に収めており、オーストラリアのBECK、最近では男性版アデル等の形容詞がついたりするマルチ・タイプで天才肌のミュージシャンでいらっしゃいます。

6年ぶり、通算では3作目となる本作ですが…何だかちょっと予想通りではありますけど、一筋縄ではいきません感が溢れた非常に面白いアルバムです。

朝もやが立ち込める向こう岸から聞こえてくるようなオープニングの「メイキング・ミラーズ」に始まり、ノイジーなビートが効いた小品「アイズ・ウェイ・アウト」を挟んでヒット中の「サンバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」。この曲の耽美的というかバロック的?なメロディいいんですよねぇ。別れた恋人同士が届かないとわかっていながらお互いの気持ちをぶつけ合うような構成も面白いですし。ちょっと昔の華美になりすぎない頃のニュー・ウェーブを思い出させるような「アイズ・ワイド・オープン」、ジャズからアフリカン・ミュージック的な要素を含んで展開していくドラマティックな「スモーク・アンド・ミラーズ」、思いっきりノーザン・ソウルな「アイ・フィール・ベター」、やけにキラキラと爽やかなメロディーを奏でる「イン・ユア・ライト」、レコード屋で見つけた台湾産のレコードからサンプリングした音源を使い、ヴォコーダー等も使用してコラージュしまくる無国籍ミュージック「ステート・オブ・ジ・アート」、怪しい音が乱れ飛ぶ(smile)「ドント・ウォーリー,ウィル・ビー・ウォッチング・ユー」、この流れからくると箸休め的にほっとする穏やかさの「ギビング・ミー・ア・チャンス」、オートハープをサンプリングした音色が美しい「セイブ・ミー」、そして民族的なリズムをベースにしながら作り上げた癒し系のクロージング・ナンバー「ブロント」という全12曲。

何でしょう。自由でいて緻密に作り上げられた寄木細工の民族工芸品みたいな(?)。何が出てくるかわからないし、何が出てきちゃってもいいような、凡人には思いつきませんけど何だかその異質っぷりを堪能させていただきましたっ…って感じの面白盤でございます。

オフィシャル・サイトでレコーディング風景が見れますが、実家の納屋に機材を持ち込んでほぼ一人の多重録音で完成。音楽を作っているというよりは、本当に職人さんが楽器やパソコンを使って「アート作品」を作り上げてる風でございます。PVなんかもそれぞれに凝った出来で一見の価値あり。ジャケットの表紙の絵はゴティエのお父さんが昔書いたものなんですって。アートな家なんですねぇ。

私は知らずに輸入盤を買ってしまいましたが、日本盤は10曲のボーナス・トラックを収めた特別ディスク付の2枚組です。うーん、何だよぉ…。

チャートデータ
アルバム
Pop 7位(UK 4位)
シングル
「Somebody That I Used To Know」:Pop 1位(UK 1位)




オフィシャル・サイトでも色々見れるのでどうぞ→http://hostess.co.jp/gotye/
こちらだとPVも字幕付です。


posted by Suzu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | POPS系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

ケイティー・ペリー『ティーンエイジ・ドリーム:コンプリート・コンフェクション』(12年)

Katy Perry:Teenage Dream: Complete Confection(12年)

結局買ってしまったわけですけど、ケイティ・ペリーの大ヒット・セカンド・アルバム『ティーンエイジ・ドリーム』のデラックス盤にあたる『コンプリート・コンフェクション』。

日本では断然ガガ様のほうが人気者ですけど、あちらでのヒット状況で言えばケイティのほうに軍配が上がる感じ。
何しろ「カリフォルニア・ガールズ」を皮切りに、「ティーンエイジ・ドリーム」「ファイヤーワークス」「E.T.」「ラスト・フライディ・ナイト」とNo.1ヒットを連発。惜しくも「ワン・ザット・ゴット・アウェイ」が3位に終わってしまったのでマイケル・ジャクソンの『BAD』が持っていた同一アルバムからの1位獲得5曲という記録を抜くことは出来ませんでしたが、堂々と同記録に並ぶ偉業を達成。デラックス盤収録の「パート・オブ・ミー」も初登場で1位を獲得するなど、相変わらずその勢いは止まるところを知らない状況です。
(「パート・オブ・ミー」は追加収録であるためビルボードでは同一アルバムからの1位にカウントしないと当初アナウンスされましたが、その後の紹介記事等では6曲の1位を出した初のアルバムという記述が散見されるようになりました。認められるようになったとか?)

デビュー作では「ユーアー・ソー・ゲイ」や「キス・ア・ガール」等センセーショナルな歌詞が話題となるお騒がせシンガー的な立ち位置でもありましたけど、セカンドではスターゲイト等R&B系のプロデューサー等も導入してよりカラフルな印象のあるパワー・ポップ路線を展開。あまりのポップさとそれが売れまくっている状況に対し、クリスティーナ・アギレラやピンク等の楽曲のクリエイターとして知られるリンダ・ペリーからはクズ呼ばわりされる始末ですが、別にメッセージを含んだ作品だけが素晴らしいわけじゃないですし、楽しさを追求した音楽だってその存在価値は大きいはず。ニュースのかいつまんだ記事なのでリンダの真意はわかりませんけど、そういう発言が出てくるほど、本作がシーンに与えた影響というのは大きかったのだなぁと思います。

後、ケイティの成功を後押ししたという意味で、gleeの存在も見逃せませんね。
大人気となったダレン・クリス演じるブレイン=ウォブラーズの衝撃的なデビュー・ナンバーとなった「ティーンエイジ・ドリーム」に始まり、チア部全員がケイティのコスプレ(青いカツラ装着)で踊った「カリフォルニア・ガールズ」、レイチェルが熱唱した「ファイアー・ワーク」、ケイティのPVにダレンとケヴィン・マクヘイル(アーティー)が出演し、その後gleeの劇中でもダレンが歌った「ラスト・フライディ・ナイト」とほぼ定期的にパフォーマンスされ、お互いの相乗効果により話題と人気を高めていったといっても過言ではないと思います。

でまぁ本盤なんですけど、中途半端なデラックス盤にはなるだけ手を出さないようにしてるんですが、7曲も追加になったので買わずにはいられなくて。
グラミー賞で披露後早々にNo.1ヒットとなった新曲「パート・オブ・ミー」。楽曲としてはストレートなポップ・ロック曲であまり面白みはないのですけど、私生活のほうで同時期に起こった離婚の気持ちを率直に歌ったような歌詞が共感を呼んで支持を集めたようです。その他2曲の新曲も同工異曲なテイストですが、PVのセンチメントな世界を改めて音で表現したような「ワン・ザット・ゴット・アウェイ」のアコースティック・バージョン、HIP-HOPの「革命児」と「女帝」を招きよりエッジィに仕上げた「E.T.feat カニエ・ウェスト」「ラスト・フライディ・ナイト feat ミッシー・エリオット」、そしてシングル6曲を繋げたお祭りメガミックス「トミー・サンシャイン・メガシックス・スマッシュアップ」等、全体的には楽しめる追加となっています。

本体のほうもそういえばレビューしたことありませんでしたけど、ヒットした曲の他にもチア・ソング的な「ピーコック」、ドライブ感溢れる「サークル・ザ・ドレイン」、ポップな「ハミングバード・ハートビート」、センチメントな「ノット・ライク・ザ・ムービーズ」等まだまだシングル・カット出来そうな曲が揃ったもちろんの強力盤。
お持ちでない方はお手を出されるのに丁度よい機会かと思います。

そういえばこの夏にはケイティを追ったドキュメンタリー3D映画『パート・オブ・ミー』も公開されるんです。日本公開はされるのかな? 楽しみですね。



チャートデータ
アルバム
Pop 1位
シングル
「 California Gurls 」:Pop 1位
「 Teenage Dream 」:Pop 1位
「 Firework 」:Pop 1位
「 E.T. 」:Pop 1位
「 Last Friday Night (T.G.I.F.)」:Pop 1位
「 The One That Got Away 」:Pop 3位
「 Part Of Me 」:Pop 1位





豪華スター勢揃いの「ラスト・フライデイ・ナイト」は文句なしの楽しさ。
ちょっとだけ気持ち悪いキャラの「E.T.」もお気に入り(smile)。
そしてウォブラーズ!


posted by Suzu at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | POPS系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

グリー:シーズン3のおさらい〜お気に入りソング20選+α

※相変わらずのネタばれご注意です!
※お話の解説に間違いがありましたら是非ご一報を!

さてさて、グリーですけどもとうとうシーズン3もあちらでは明日で最終回を迎えてしまいます。
あー悲しいあーつまんない。
既にシーズン4の話題などもちらほら出始めてますけど、相変わらずハイ・クオリティなパフォーマンスが続出したシーズン3をちょっとおさらいしておきたいと思います。
っていうか、前にも書きましたけど、とにかくシーズン3はサントラの発売が前2シーズンの半分に留まると言う暴挙。背に腹は代えられずituneから購入いたしましたけど、やっぱりちょっと、納得いかないのです。
という事で、前夜祭を兼ねてサントラに収録されなかったものをメインに、今までご紹介したもの(「マイケル」「ホイットニー」「グリーバー」等)は割愛するかたちで、その他お気に入りの楽曲をご紹介させていただきます。

1.Anything Goes/Anything You Can Do

進路を模索中のレイチェルとカートがニューヨーク・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツへの入学を目指す学生の集まりを見学しにきてそのパフォーマンスのレベルの高さに愕然となるシーンで歌われたナンバー。グリー・プロジェクトの出身者で先陣を切って登場したリンジー・ピアース(ハーモニー役)がその歌唱力を活かして歌い切るのはコール・ポーターの名曲「エニシング・ゴーズ」とミュージカル『アニーよ銃をとれ』の代表曲のマッシュアップ。この二人を愕然とさせる役なんておいそれとは務まりませんが、リンジー大熱唱でその期待にしっかり応えてくれてます。




2.I'm The Greatest Star

マッキンリー高校で『ウェストサイド物語』を上演することになり、その学内オーディションでカートが歌うナンバー。言わずと知れたバーブラ・ストライサンドの主演ミュージカル『ファニーガール』からの楽曲で、カートが舞台せましと駆けずり回りながら披露。こういう時レイチェルと違って真っ向対決しなくてもいいカートは得かな。カートのお茶目さんな魅力が良く出た楽しい1曲になっています。
シーズン3は相変わらずバーブラ贔屓で、(バーブラの曲と言っては若干語弊がありますが)「ディンドン・ウィッチ・イズ・デッド」「サムシング・カミング」「サムホエア」等もお目見え。随所にバーブラ・ネタが散りばめられていました。




3.Cool

『ウェストサイド物語』からはサントラVol.7に収録された「サムウェア」と「トゥナイト」の他、「サムシング・カミング」「アメリカ」「ボーイズ・ライク・ザット」「ワン・ハンド・ワン・ハート」「アイ・ハブ・ア・ラブ」等もパフォーマンスされました(これだけあれば『ロッキー・ホラー・グリー・ショー』よろしく『ウェスト・サイド・グリー・ストーリー』だって出来たのに…)
そんな中から記念すべきマイク・チャン(ハリー・シャムJr)の初ソロ・ナンバーとしてお目見えしたのが「クール」。これ以降度々歌声も披露するようになったハリー、いやー、頑張りました。




4.It's All Over

いつもレイチェルにリード・ヴォーカルを奪われてきたメルセデスがとうとう反旗を翻してニュー・ディレクションズを退部。その言い争いがそのままミュージカル『ドリームガールズ』の同様の場面で歌われた「イッツ・オール・オーヴァー」に移行していきます。メンバー全員がきちんと『ドリームガールズ』の扮装をしての歌唱で思わず笑みのこぼれる展開。このまま「アンド・アイム・テリング・ユー」に行かないのが玉に疵ですが、私は自分でこの流れに編集して楽しんでます(smile)。




5.Candyman

ニュー・ディレクションズを離脱したメルセデスはサンタナとブリタニーを取り込んで女性だけのヴォーカル・グループ、トラブルトーンズを結成。代理教師としてマッキンリー高校に赴任していた元ボーカル・アドレナリンのコーチでレイチェルの母親シェルビーに師事を仰ぎます。そんなトラブルトーンズが披露するうちの1曲がこれで、クリスティーナ・アギレラのキャバレー風ショー・ナンバーをアンドリュー・シスターズがカバーしたらというコンセプトに基づいてステージングされました。ベットのステージ等も髣髴とさせ、これがもうノリノリで最高、悶絶、大好きです、これ。




6.I Can Go For That/You Make My Dream

いがみ合うニュー・ディレクションズとトラブルトーンズを見かねたシュー先生がマッシュ・アップ曲での対決を提案。ニュー・ディレクションズが選んだのがホール・アンド・オーツのこの2曲でした。
フィンの声ってこういう80年代のポップ・ロック・ナンバーにバチはまりなんですよね。2コーラス目を歌ってるのはグリー・プロジェクト出身のダミアン・マクギンティ、彼も頑張ってます。「ユー・メイク・マイ・ドリーム」は映画「(500日)のサマー」でも使われてましたけど、ウキウキ・ソングとして最強。




7.Jolene

フットボールの男性コーチに恋をしたビーストですけど、何とその恋のライバルに名乗りを上げてきたのがスー・シルベスター!ということで、私の彼を奪わないでとまんまの気持ちで歌われるのがドリー・パートン&オリビア・ニュートン・ジョンの名曲「ジョリーン」。抑えめなビーストの歌声は恋に自信のない乙女の叫びですね。




8.Survivor/I Will Survive

州の予選会に出場したトラブルトーンズが歌うナンバー。私たちは負けない!という強い意志を、グロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」とデステニーズ・チャイルドの「サバイバー」という新旧の生き残りソングのマッシュアップで表現。メルセデスとサンタナの力強い歌声、華やかなステージングも素晴らしかった1曲。




9.Summer Night

家の事情で学校に来れなかったサムが再びマッキンリーに戻ってくることに。そこで既に彼氏のいるメルセデスに再びの猛アタックを開始。そんな二人に今どうなってるの?と皆がガールズ・トーク、ボーイズ・トークを繰り広げるシチュエーションで歌われるのはミュージカル『グリース』のヒット・ナンバー「サマーナイト」。どーなのよどーなんだよという会話が聞こえてきそうな実に楽しい場面。メルセデスがオリビア?ってのも、何だか楽しいんです(smile)。




10.Wedding Bell Blues

シーズン3では潔癖症のほうも何とか克服し、シュー先生との同棲生活に踏み切っていたエマ子。そんな彼女の結婚願望を妄想いっぱいに表現したのがフィフス・ディメンションのNo.1ヒット「ウェディング・ベル・ブルーズ」。エマの清らかさいいっぱいの歌声もステキですが、何と言ってもこればバック・コーラスを務めるスーとビーストが最高です。もうロイヤル・ウェディングも吃驚、大爆笑です。




11.Moves Like Jagger/Jumpin Jack Flash

シューとエマ、メルセデスとサムの恋模様が描かれる中でなんどベッキーに惚れられてしまうアーティー!そんな状況でアーティーが披露したのはマルーン5の最新ヒット「ムーブス・ライク・ジャガー」とストーンズの代表曲「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」のマッシュアップ。こういう曲を歌う時のアーティーは本当にセクシーでかっこいいんですよね。ダンス巧者のマイクとシュー先生を従えたパフォーマンスもかっこよかったです。本当は負けずにダンスの上手いアーティー(ケヴィン)、こういう時はうずうずしちゃうんじゃないのかなぁ。




12.Sexy And I Know It & La Isla Bonita

スペイン語の教師であるシュー先生ですが、生徒からの苦情や諸々の事情でスペイン語の夜間教室に参加することに。そこの講師を務めていたのがデビッドことリッキー・マーティン!
という事でリッキーが歌うのがこの2曲。LMFOの最新ヒットは教室でニュー・ディレクションのメンバーと共に、マドンナの「ラ・イスラ・ボニータ」はサンタナと共にステージで披露されました。「セクシー〜」のほうは原曲のおとぼけ具合をタイトルどおりのセクシー&かっこいいバージョンに変換、「ラ・イスラ」のほうはラテン色を抑えめにした今風のアップ・ナンバーにアレンジされました。
ちょっとラテンおやじ入ってきましたけど、まだまだリッキーかっこいいです。






13.Love Shack

ウォブラーズとの抗争(?)で怪我をしたブレインでしたが、バレンタインのパーティーでサプライズ復活、カートを驚かせます。そこで披露させるのがTheB-52'sが80年代に放った復活ヒットの「ラブ・シャック」。ブレインをリードにレイチェルとメルセデスとブリタニーがバック・コーラス、途中からカートが加わって(ひとり多いけど)TheB-52'sのフォーマットが再現されます。
これぞ最高のパーティー・ソング!この歌大好きだったもので、思わず画面に向かってキター!と叫んでしまいました(smile)。




14.Cough Syrup

自分がゲイであることを隠していたカロフスキーでしたが、バレンタインデーでのカートに対する行動がきっかけで皆にバレてしまいます。学校から逃げ帰るカロフスキーのバックで流れるのがブレインの歌うこのナンバー。お恥ずかしながら初めて聴いたのですが、ヤング・ザ・ジャイアントというグループの作品で、タイトルの「コフ・シロップ」は「咳どめ薬」のこと。人生には辛い時もあるけど何とか乗り切ろうと歌うこの切なくて優しい曲は場面とのマッチングも素晴らしく、とても胸を打つ1曲になっています。ヤング・ザ・ジャイアントのメンバーもこの場面はお気に入りとか。




15.Hungry Like The Wolf/Rio & Somebody That I Used To Know

ブレインのお兄さんで役者をしているクーパーが登場、演じるのは『ホワイトカラー』でイケメン詐欺師を演じて人気のマット・ボマー!
どちらもブレインとのデュエットで、満を持して初登場したデュラン・デュランのナンバーは「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」と「リオ」のノリノリなマッシュアップ。このデュエットで兄弟の関係性(力関係)を見せておいて後半兄への複雑な思いをブレインがぶつけるように歌うのがゴティエの最新ヒット「サンバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ」。ゴティエのオリジナルのもつ耽美的なところはなくなってしまいましたけど、それでも二人の熱い歌声はまた違った魅力を曲に付加しています。






16.Big Girl Don't Cry

ウーピー・ゴールドバーグ演じるニューヨークの演劇学校の面接官の前でパフォーマンスを失敗してしまったレイチェル。そんなレイチェルが歌うのがファーギ―のNo.1ヒット「ビッグ・ガール・ドント・クライ」。コーラスからはカートが加わってデュエットに。その優しい歌声にレイチェルでなくても癒されること必至のナンバー。




17.Love You Like A Love Song & What Makes You Beautifl

卒業パーティーで歌われるアイドル・ソング2曲。サンタナをリードにブリタニーとティナがコーラスを務めるのはセレーナ・ゴメスの「ラブ・ユー・ライク・ア・ラブ・ソング」。サム、マイク、アーティー、ローリー、ジョーの男子5人組で歌われるのは現在大ブレイク中のワン・ダイレクションの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」。さすがにサンタナらのセクシー・パフォーマンスは振りも含めてそつのない出来。男子チームも果敢に1Dに挑みましたけど、さすがに平均年齢で5才は若い1Dのフレッシュさには勝てなかったかなぁ。グリーではかえって珍しいパターンです。






18.Flashdance - what a feeling -

州大会直前になって今度はティナのレイチェルに対する不満が爆発。勢い余って転倒したティナは頭を強打、妄想の中でレイチェルと入れ替わる体験をすることになります(この妄想の中ではレイチェル⇔ティナの他にも様々な組み合わせで役の入替えが起こり、シリーズ中屈指の珍場面が展開、大爆笑です)。結局レイチェルの気持ちを理解したティナは彼女を応援することに。で、州大会に出発するシーンで歌われるのがティナとレイチェルによるデュエット「フラッシュダンス」。シーズン3には「ウィ・アー・ヤング」や「ヒアーズ・トゥ・アス」等ザ・青春、ザ・友情って名場面がありますが、これもそんな感動を覚える1曲です。




19.Paradise By The Dashboard Light

州大会の決勝戦でニューディレクションズが披露した1曲。ニュー・ディレクションズに組み込まれたトラブルトーンズの「エッジ・オブ・グローリー」、レイチェルのソロ「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」に続いてラストを駆け抜けたのは名盤『地獄のロックライダー』に収録されていたミートローフの暴走ロック・ナンバー「パラダイス・バイ・ザ・ダッシュボード・ライト」。フィンのロック魂大爆発。どこまでキーが上がるの?ってぐらい高らかなハイトーン・シャウトが凄すぎです。フィン最高。




20.Starship & Pinball Wizard

同じく決勝戦でウェイド(アレックス・ニューウェル)をリード・ヴォーカルにすえたボーカル・アドレナリンが披露したのはニッキー・ミナージュの最新ヒット「スターシップ」とロック・ミュージカル『トミー』の代表曲「ピンボールの魔術師」。インパクトでは初登場だった「ブギー・シューズ」のほうが上ですけど、思わず目を見張るアクロバティックなステージングを含めてパフォーマンス自体はさすがのハイ・クオリティ。ステージ慣れしていないということで未熟な面もあるアレックスですけど、このまま切磋琢磨されて自信を得た時のパフォーマンスが是非見てみたいです。番組にも出続けてほしいなぁ。






そんな訳で、シーズン4はマッキンリー高校とニューヨークの演劇学校を舞台にした2元中継的になる模様。高校を卒業したメンバーを含め、基本的に全てのキャストがシーズン4に再び登場することが発表されました。またゲストとしてサラ・ジェシカ・ハーパー、ケイト・ハドソンの出演も予定されています。
卒業したメンバーがどうなるのか、メイン・キャストの抜けたニュー・ディレクションズはどうなるのか、舞台が広がることで番組的にはどうなるのか、いろいろ気になることが盛りだくさんのシーズン4。
開始は秋か…楽しみにしたいと思います!

※2012/11/11 You-Tubeの映像の多くが無効となってしまったので張り直しました。一部音声だけのもあります。



posted by Suzu at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・ミュージカル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

カーリー・レイ・ジェプセン『キュリオシティ』(12年)

Carly Rae Jepsen:Curiosity(12年)

今世界各国で「コール・ミー・メイビー」が大ヒット中のシンガーソングライター、カーリー・レイ・ジェプセンのミニ・アルバムでございます。

この方、アメリカン・アイドルのカナダ版「カナディアン・アイドル」の07年度(シーズン3)のファイナリストで、08年にアルバム『タッグ・オブ・ウォー』でデビュー、アルバムは日本盤もリリースされております。当然に期待の新人ではありましたけど正直デビュー盤の成果はそこそこって感じだったようですが、昨年9月に本作『コール・ミー・メイビー』をリリース。タイトル曲がカナダで大ヒットになったところでさらなる運が彼女に転がり込んでくるんです。同時期にカナダを訪れていたジャスティン・ビーバーがこの曲を気に入ってツイッターで紹介、そればかりか彼女であるセレーナ・ゴメスや「ハイスクール・ミュージカル」のアシュリー・テスデイル、現在米国で人気上昇中のボーイバンド、ビッグ・タイム・ラッシュのメンバーを集めて、「コール・ミー・ベイビー」に合わせて戯れるビデオを作成してYou-Tubeに投稿したもんですから当然の如く大反響を呼び、英国を含む7か国でNo.1、米国でも現在4位上昇中と大ブレイクを果たしたのでした。

めでたしめでたし、…みたいな状況なわけです。

その後ジャスティン・ビーバーの所属事務所と契約したりしてますし、デュエット曲も発表されるそうで、こうなってくるとこのYou-Tube騒動は綿密な策略か?…なんていたいけないおじさんは勘ぐってしまう訳ですが、まぁ良い曲であるのは間違いないので、それならそれでいいかなと思っております(smile)。

ミニ・アルバム(EP扱い)ですので収録されているのは6曲。大ヒット中の「コール・ミー・メイビー」の他にも、ヒット感度の高そうな「キュリオシティ」やキュートな「トーク・トゥ・ミー」、カナダの大大先輩シンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルの代表曲「青春の光と影」の甘酸っぱいカバー等、アコースティックな肌触りを残しながらもほどよくポップアップされた楽曲が並んだ好盤。清涼飲料的(カナダドライですね)な爽やかさのあるカーリーの歌声が何より素敵ですね。

「コール・ミー・メイビー」はジャスティンのビデオのおかげで曲に合わせて歌い踊る動画を投稿するのが大流行してます。なかにはケイティ・ペリーとズーイ・デシャネルらが作ったビデオなんてまたまたゴージャスなものも存在してますので要チェック。投稿ビデオばかりが有名になってますが、カーリー自身のオリジナルPVもキュートで笑えるオチのある可愛らしいものですので是非ご覧になってみて下さい。

チャートデータ
アルバム
canada 6位
シングル
「Call Me Maybe」:CA 1位/UK 1位/US 4位↑
「Curiosity」:CA 30位





最後のはハーバード大学の野球部員による投稿作品。

ちなみにケイティ・ペリー版はこちら→http://youtu.be/luR4BnfM9vw


posted by Suzu at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | POPS系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

ドナ・サマー逝く…

思い出話をさせて下さい。


朝電車の中でツイッターを見るのが習慣的になっちゃてるのですけど、今朝いつものようにツイートを見始めたら「追悼ドナ・サマー」の文字。何それ?と思ってどんどん画面をスクロールさせれば次々と出てくるドナへの追悼コメント。ホイットニーを失って3ヵ月、またしてもこんな予想外で悲しすぎる訃報に接するなんて思いもしませんでした。

私がドナを最初に聴いたのは80年代の初めごろ、バーブラ・ストライサンドのアルバム『ウェット』に収録されたデュエット曲「ノー・モア・ティアーズ(イナフ・イズ・イナフ)」によってでした。
当時はまだバーブラ以外の洋楽アーティストは門外漢で、ドナが何者かというのもよく知らなかったように思いますが、その緊迫感に溢れ、お互いのプライドをかけた火花飛び散るデュエットには非常に興奮させられました。仲間内的なデュエットでも、商業性が優先されたようなただの異色の組み合わせというのでもない、慣れ合い皆無の真剣勝負。未だに、これ以上のガチンコ勝負が聴けるデュエット作品というのを私は聞いたことがありませんです。

こうして一応ドナとの邂逅はなされたのですが、アナログ時代にドナのオリジナル作品に手を出すことはありませんでした。本格的に聞き始めたのはCD時代以降、その長時間収録という特性を活かしてカサブランカ時代の2枚組アルバムが続々と1枚のディスクに収める形でCD化されてから。今見るとわざわざブックレットの前面に「Over 70Minuts Music」と謳われているのも時代を感じさせますね。
ここで初めて聴いたのがドナの(元は)2枚組LPのベスト盤『愛の軌跡:オン・ザ・レイディオ〜グレイテスト・ヒッツ』。発売当時新曲だった「オン・ザ・レイディオ」と先のバーブラとのデュエット「ノー・モア・ティアーズ」に挟まれたヒット曲はすべてディスコ仕様らしくノン・ストップのメドレーになっていて、一聴してその楽しさの虜に。購入当時はしばらくこればっかり聴いていたように思います。

リアル・タイムでの最初の作品と言えるのは87年にリリースされた『オール・システムズ・ゴー』。ブレンダ・ラッセル作のファンタジックなリード曲「ディナー・ウィズ・ガーシュイン」を始め、お得意のポップ・ロック系からムーディーなバラードまでバラエティ豊かな内容でしたがチャート・アクション的にはいまひとつ。本格的に再びシーンを沸かせたのは89年、当時世界的にブレイク中だったプロデュース・チーム、ストック・エイトキン・ウォーターマンのPWLと組んだアルバム『アナザー・プレイス・アンド・タイム』とシングルで大ヒットした「ディス・タイム・アイ・ノウ・イッツ・フォー・リアル」でした。このヒット以降は若干マイ・ペースな活動になっていきましたけど、それでもその歌声の輝きは衰える事がなく、昨年開催されたデビッド・フォスターのヒットマン・リターンズのコンサートでも堂々のトリを飾っての熱唱を披露。
新作のレコーディングなんて話もちらほら聞こえてきた矢先の訃報でございました。

グラミー賞5回(しかもR&B、ロック、ダンス、ゴスペルというジャンルレスぶり)、ポップで4曲、R&Bで2曲、クラブ・プレイ・チャートでは何と13曲のNo.1ヒットを放ち、普通に考えても破格の成功を収めたアーティストの一人でありますが、「ディスコの女王」という称号が何故かレッテルのように付きまとい、例えばR&B/ソウルの名盤ガイド等では完全に蚊帳の外にされるか、取り上げられても揶揄まじりの記述ばかりでおよそまともに彼女を論じているものには出会ったことがありません。…というのが一昔前の状況でしたが、ここ最近は以前のようなブラック系アーティストに対する極端なディープ・ソウル偏重主義というのもだいぶ意識改革されつつあるので、クラブ系ディーヴァの元祖として多大なリスペクトを受け始めていたのが現状。今回の訃報に際しても、多くのアーティストから彼女の死を惜しむ声が寄せられていたのが印象的でした。

吐息まじりのセクシー・シンガーとして頭角を現したドナでしたが、やはり彼女の魅力はそのレンジの広い野性的でダイナミックな歌声。
「マッカーサー・パーク」「ホット・スタッフ」「バッド・ガールズ」「オン・ザ・レイディオ」「情熱物語」「イッツ・フォー・リアル」等のシングル群は、そんなドナの魅力を端的に表した楽曲でした。
今さら彼女の作品を聴いたことがないなんて方はいらっしゃらないでしょうけど、私なりのお薦め作品をいくつかあげさせていただこうと思います。

初期カサブランカ時代の作品ではバラエティに富んだ内容が楽しい『アイ・リメンバー・イエスタデイ』、エンターテイナーとしての魅力と実力が存分に味わえる『ライブ・アンド・モア』、大ヒット曲を連発したゴージャスな『華麗なる誘惑』。レーベルを移籍した80年代以降では、クインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎えた高品質なブラック・コンテンポラリー作品『恋の魔法使い』、PWLとのタッグで軽やかに時代を飛び越えて見せた『アナザー・プレイス・アンド・タイム』、ヴォーカリストとしての実力を遺憾なく発揮した『クリスマス・スピリット』等々。
またシングル・ヒットの多いドナですのでベスト盤も必需品な訳ですが、オリジナル・テイストで楽しむなら前述のノン・ストップ・メドレーが楽しめる『愛の軌跡:オン・ザ・レイディオ〜グレイテスト・ヒッツ』。大容量のベストならそれぞれ2枚組の『アンソロジー』か『ゴールド』がお薦めでございます。

敬虔なクリスチャンとしても知られるドナでしたので、今は神様の身許に招かれ、安らかな眠りについていることでしょう。素敵な作品をたくさん残してくれた事にただただ感謝です。有難う、ドナ。
ご冥福を深くお祈り申し上げます。









「ノー・モア・ティアーズ」にはシングル・バージョンやダンス・ミックス等いくつかのバージョンがありますが、『ウェット』に収録されているバージョンが一番二人のヴォーカル対決に焦点を当てた作りでお気に入りです。

その昔HP時代に最初にドナについて書いた記事です。
記事というより、シングル・ジャケット等多数載せてますのでそちらをお楽しみ下さい→http://www1.ocn.ne.jp/~suzuenta/donna.htm
posted by Suzu at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ドナ・サマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ゴールデンウィークは映画を…。

お天気の悪かったゴールデン・ウィーク、何だかんだと映画ばかり見て過ごしてしまいました。せっかくなのでおまとめ〜。

『ソーシャル・ネットワーク/The Social Network(10年)』

ジェシー・アイゼンバーグ主演、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク共演、フェイスブック創立者のマーク・ザッカーバーグがフェイスブックを立ち上げた経緯とその後の過程を描く実話ベースのドラマ。ハーバード大学在籍中のマークは彼女に振られた腹いせに女子学生を評価するサイトを作成するがこれが大問題に。その技術力に目を付けた上級生から学内の出会い系サイトの製作を依頼されるが、マークはこれに想を得て学生の交流サイトを立ち上げる…というお話。
フェイスブックという時代のイコンがどのように生まれたかという過程を興味深くスリリングに見る事が出来ました。実際の成り行きはこれほどセンチメンタルな物語ではないようですけど、映画としてはこのほうが登場人物に感情移入しやすいんですよね。ジャスティンを初めて「俳優」として見れたのもの収穫(smile)。面白かったので後でDVDを買ったのですけど、双子のウィンクルボス兄弟が一人の俳優の顔を別の俳優の顔に合成して作られている事に吃驚!こういう映画でそんな技術が使われているとは。




『シャッター・アイランド/Shutter Island(10年)』

レオナルド・ディカプリオ主演、ベン・キングズレー、マーク・ラファロ共演のミステリー大作。精神異常の犯罪者ばかりを収容するシャッター・アイランドのアッシュクリフ病院(刑務所)で受刑者の女性が密室から忽然と消える事件が発生、家族の間で起こった悲劇のトラウマを抱えるテディ連邦保安官は島の異常な状況に翻弄されながら真相にたどり着こうとするが…というお話。
こういうの意外と冴えてる私なんですけど(smile)、最近こっち方面から遠のいていたのですっかり頭がサビつき謎解き出来ず。真相が明かされてあぁそっち系の話だったのかぁという白旗状態でした。常時ミステリーに接してる方なら、もう冒頭からおかしいと思うはずです…ってこれもヒントになっちゃうのかな。日本が誇る幻想小説の古典のプロットにツイストが利かせてある展開。二度見てあちこちに散りばめられた伏線を探すのも楽しい作業かもしれません。レオ様も額にしわを寄せての大熱演です。




『ザ・ファイター/The Fighter(10年)』

マーク・ウォールバーグ主演、クリスチャン・ベール、メリッサ・レオ共演、プロボクサーであるミッキー・ウォードが世界タイトルに挑戦することになる顛末を兄ディッキーや家族との関係を軸に描く実話ベースのボクシング・ドラマ。プロボクサーのミッキーはトレーナーを務める自堕落な兄ディッキーと母の組んだ無理な試合で負傷。ボクシングを止める決意をするが、兄を麻薬中毒者として扱った屈辱的なドキュメンタリーTVを見たことで一念発起、再びグローブをはめる決意をする…というお話。
ミッキー・ウォードの大ファンであるというマークが製作も務めて完成させた渾身の一作。マークの役作りも相当なものだと思うんですけど、もう全てを持っていっちゃたのが自堕落な兄を演じたクリスチャン・ベール。実在のディッキーも見ましたけどもう乗り移ったかのようななりきり演技。とてもバットマンと同じ人とは思えません。この人もカメレオン俳優の一人ですよね。メリッサ・レオ、エイミー・アダムスも好演するなかで、賞レースではマークだけ蚊帳の外に…無念。




『マイ・ブラザー/Brothers(09年)』

トビー・マクガイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン出演、戦争の起こした悲劇に翻弄される家族の絆を描く人間ドラマ。海兵隊員のサムは妻グレースと娘2人を残してアフガニスタンへ出兵するが、そこで囚われの身に。家族には戦死と伝えられ、残された家族を献身的に支えたのがやっかいものだった弟トミー。トミーとグレースらに家族としての絆が生まれた頃、戦地から心に大きな傷を抱え別人のようになったサムが戻ってきて…というお話。
…つらい話です。亡くなったと思えば尽くしてくれるトミーに心が揺らぐグレースの気持ちもわかるし、兄の代わりに家族を守らなきゃと思うトミーの気持ちもそりゃそうだし。家族のために辛すぎる選択をして生きる道を選んだサム、帰ってきてみたら妻と弟に不貞の匂い…それは心も壊れますよね。そのあたりの心情をトビー、ジェイク、ナタリーが上手く演じています。結局家族が再び絆を取り戻すことが暗示されるラストですが、それでも待っているのはいばらの道…つらい話です。




『世界侵略:ロサンゼルス決戦/World Invasion: Battle LA(11年)』

アーロン・エッカート、ラモン・ロドリゲスら出演のSFアクション映画。宇宙より隕石状の飛来物が次々と地球上へ落下。これは地球の資源を求めた異星人の侵略で、その強大な戦闘能力で各都市を壊滅状態へ追い込んでいく。海兵隊の小隊がサンタモニカの警察署に孤立した民間人を救出する作成を命じられて現地へ。そこからの脱出する道程で、敵の中枢となる母船を発見する…というお話。
感動のSFアクション超大作!なんて決まり文句の宣伝がされたようですが、ようは相手が異星人というだけの戦争映画。空爆に地上戦と確かに破壊力は凄いけどこちらの想像を超えるような未知の能力と言うわけではなく、イラクやアフガニスタンで繰り広げたであろう米軍の戦いの姿を延々と描いています。確かに国(世界)のために戦う姿には共感出来るし休む間もなく次の戦いの準備を始める兵士の姿に感じるものはあるけど、これって何かの宣伝映画?って思っちゃう。何だか、後味よろしくないんです。兵士役で歌手のニーヨが出演してました。




『ゴースト もう一度抱きしめたい/Ghost(10年)』

松嶋菜々子主演、ソン・スンホン、樹木希林共演、言わずと知れた80年代の大ヒット映画『ゴースト〜ニューヨークの幻』のリメイク作品。会社社長の星野七海は韓国人の陶芸家キム・ジュノと恋に落ちる。幸せな生活も束の間、七海は事件に巻き込まれて帰らぬ人となるがゴーストとなって地上に留まり、危険が迫るジュノを助けながら、事件の真相にせまっていく…という男女逆転ながらお馴染みのお話。
もうね、これはある意味凄い映画です。ここまでヒドいと逆に一見の価値はあるかも。誰一人、あの希林さんでさえこの作品の大いなるマイナスの力に飲み込まれちゃってる感じ。原作をなぞるだけのうすい脚本に学芸会レベルにも達してない演技…みんなどうしちゃったんでしょう?ろくろを回す松嶋さんの後から抱きしめるように手をそえるソン・スンホン、バックに流れるのは平井堅さんの歌う「アンチェインド・メロディー」…もうそのヤスさ大爆笑です。最後まさかまさかの!?って展開を匂わせるんですが、どうせだったらそのまま突き抜けてほしかったかな。稀代の迷画に花を添えられたのに…。




『借りぐらしのアリエッティ/The Borrower Arrietty(10年)』

ジブリのアニメ、でございます。小人族の少女アリエッティは父親と母親の3人で人家の軒下に住み、その家から食料や生活必需品を「借りて」て暮らす生活。人間に見られてはいけない掟のアリエッティでしたが、ある日その家に静養にやってきた病弱な少年翔に姿を見られてしまい、住みなれた家を出ていかねばならないことに…というお話。
ストーリー展開も緩やかで、いつものような環境破壊への警鐘等声高なところもなく、あぁもう終わりなの?ってぐらいあっさりと幕引きする印象。もうちょっと面白く出来たのかもなぁとは思いつつ、それでもそのゆったりとした世界感は嫌いじゃないです。これは声優陣の好演に起因するものが大きいのかも。アリエッティの志田未来を始め、大竹しのぶ、三浦友和、神木隆之介、竹下景子、樹木希林、藤原竜也等、当然の如くな声の名演をそれぞれが披露。っていうか、これアニメじゃなくてCGでも駆使してこのメンバーでの実写版を作ってよ、って感じです。役者陣の好演にアニメ本体が喰われてしまった感拭えず。希林ちゃん面白すぎだし。



予告→http://youtu.be/BZqVL8ryhJQ


『嘘つきは恋の始まり/The Last Word(08年)』

ウェス・ベントリー主演、ウィノナ・ライダー、レイ・ロマノ共演のヒューマン・コメディ。エヴァンは自殺願望のある人から要望を聴いて代わりに遺書を執筆する「遺書代筆業」を生業とする青年。亡くなった顧客の葬儀に立ち会った際、ひょんな事からその妹のシャーロットと知り合いになり惹かれ合う二人。兄の遺書を代筆したことを言い出せないエヴァンはシャーロットに嘘を重ねることになるが、いつしかその嘘がほころび始め…というお話。
邦題にしても宣伝文句にしてもラブ・コメディ扱いですが、どちらかと言えば死に向き合わねばならない人々の苦しみや懊悩を描いたヒューマン・コメディといった感じです。困惑しながら彼女の魅力に惹かれ、また彼女や新たな顧客アベルとの関係から自身の仕事の是非を問うことになる主人公をウェス・ベントリーが飄々とした雰囲気で好演。安易なハッピー・エンドに収めず、あぁそこに落とすのね、といったラストもなかなか味わいが合っていいかも。お久しぶりウィノナも一筋縄ではいかなそうなヒロイン(?)にぴったりです。




『サンクタム/Sanctum(11年)』

リチャード・ロクスバーグ、ヨアン・グリフィズら出演の洞窟サバイバル・アドベンチャー。パプアニューギニアの密林地帯の奥にあるエサ・アラ洞窟を調査している探検家のフランクとそのグループ。スポンサーである富豪のカールが合流した後、巨大サイクロンに見舞われた影響で洞窟入り口が塞がれて通行不能に、一行は別の出口を求めて洞窟内と地下水路を探索することに…というお話。
洞窟物っていうと思い浮かぶのはホラーですけど『ディセント』と『地獄の変異』でしょうか。3作品に共通するのは天変地異や事故で出口が塞がれて帰り道を断たれた一行を襲う悪夢ってことですけど、前2者で襲ってくるのはモンスターに対し、こちらは自然の脅威。といっても最終的には3つ並べても違和感のないお馴染みの展開になだれ込んでしまうのですが…。結局この映画、ジャームズ・キャメロンが改良したというフュージョン・カメラ・システムというのを使って水中3D映像を撮りたかっただけなのかも。アトラクション気分で映画館で見たらもっと楽しめたのかなと。若干閉所恐怖症気味の私としては嫌な映画でした。



予告→http://youtu.be/YrM443OhCho


『シャーロック・ホームズ/Sherlock Holmes(09年)』

ロバート・ダウニーJr主演、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス共演のアクション冒険談。19世紀のロンドン、黒魔術の儀式のために次々と若い娘を犠牲にするブラックウッド卿がホームズの活躍により逮捕され絞首刑に。しかし死亡が確認され墓に葬られたはずの卿が蘇り、再び殺人を犯しある計画を遂行し始める。ホームズとワトソンはその計画を阻止出来るか…というお話。
直接の原作がドイルの小説ではなくコミックスであるため、ここでのホームズは賭けボクシングに出場してしまうような粗野で武術に長けた奇人として登場。ワトソンもジュード・ロウがやってるくらいですから切れ者医師にコンバートされています。アクション・シーン満載でアメコミ・ヒーロー物なみの単純な冒険活劇にも出来たところを、ホームズの看板を掲げているだけにきちっと謎を謎のままにせず、すべてが科学的な裏付けに基づいたトリックであることを示して見せる展開が好きかも。あまりにも鮮やかに解いて見せるのでミステリーとしての印象が薄くなってるのが難かな?



予告→http://youtu.be/eIyr3EoLhaY
posted by Suzu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ミュージカル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

オリー・マーズ『イン・ケース・ユー・ディドント・ノウ』(11年)

Olly Murs:In Case You Didn't Know(11年)

私、ポップスが好きなんです。

何て書き出しにしてみましたけど、なかなか純粋な「ポップス」というジャンルで良質なものを聴きたいと思っても難しい世の中で。
アメリカの音楽は今やたいていHIP-HOPかR&Bの影響を受けてますし、じゃなければカントリー。
ポップスって日本の歌謡曲みたいなもので色んなジャンルを吸収して成り立っていますから、例えばカーペンターズだってアバだって単なるポップスの括りでは収まらない訳ですけど、「イエスタデイ・ワンス・モア」や「ママ・ミア」みたいな王道ポップスをたまには聴きたいなぁなんて思ったりするわけです。
そんな時によりどころとするのが英国。今までも色々取り上げてますけど、この国には独自のポップス文化というのが根付いていて、いつの世にも「ポップ」であることを至上とするスターが生まれてるんですよね。

でまぁ、オリー・マーズ。

2010年の英国版「Xファクター」に出場して準優勝に輝いた男性ソロ歌手でございます。
(同じマーズですけどブルーノ・マーズとは一切関係ありません、念為。)
日本だと正直Xファクター自体が放映されていませんので、そこから生まれたスターたちも馴染みが薄ければ知名度も低いのは当然のこと。レオナ・ルイスやワン・ダイレクションのように米国でブレイクしたりすれば話は違ってきますが、人気が欧州に留まっているとどんな音楽をやっているのかさえわからなかったりしますよね。
このオリーさんもちらちら見かけていましたがなかなか音を聴く機会がなく、お取り寄せしてみようかなーと思ってた矢先に折よく中古を見つけたのでゲット。

これがなかなかいいんですよー。

冒頭を飾るNo.1ヒットの「ハート・スッキプス・ア・ビート」。
レゲエっぽいリズムのポップ・ソングですけど、サビ前のスクラッチからテイストを変えてそこにそんなマイナーな良いメロディー持ってきちゃうんだ〜っていう意外性のある構成。
あちらで人気があるというラップ・デュオのリズル・キックスをフューチャーしてHIP-HOP色もプラスされており、そのゴタ混ぜ感がカラフルな印象を与える楽しい1曲になっています。
セカンド・カットでこちらもNo.1になった「ダンス・ウィズ・ミー・トゥナイト」は、変則的なモータウン風ビートにショウビズ調を加えたこちらも楽しい作品。落ちのあるPVも面白いですけど、Xファクターのステージでミス・ピギーと共演したテイストのほうがこの曲の持ち味に近いような気がしますね。
メランコリックなバラード「ディス・ソング・イズ・アバウト・ユー」、マイナー&シリアス系の「オン・マイ・クラウド」等もありますけど、全体的にはどこかのどかで無邪気な空気感のあるハッピー・ソングが並んでいて、オリーの近所の気のいいお兄ちゃん的なキャラクターも併せ、癖になる楽しさのある1枚になっています。

米国ではまだブレイクに至っていないんですが、何とこの5月からワン・ダイレクションと一緒に全米ツアーを行ってしまうんですって。ぜひぜひ黄色い声援部隊の一部をもぎ取って、自身の糧にしてもらいたいなぁと思いますです。

チャートデータ(UK)
アルバム 1位
シングル
「Heart Skips a Beat」:1位
「Dance With Me Tonight」:1位
「Oh My Goodness」:13位



「Heart Skips a Beat」→http://youtu.be/PkGUHgdaRq4

サービス・ショット…にはならないかな?(smile)。デビュー時に自分の楽曲が1位になったら脱ぐ!とたいして有難くない宣言をしたオリー。で見事デビュー・シングルが1位獲得で披露した姿です。
olly naked.jpg
ま、お茶目さんですよね。
わかりにくいですけど引っかかってるのは帽子です(smile)。


posted by Suzu at 00:45| Comment(4) | TrackBack(0) | POPS系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

オリジナル・サウンドトラック『フットルース 夢に向かって』(11年)

Original Soundtrack:Footloose(11年)

11年に公開された映画『フットルース 夢に向かって』のサントラ盤でございます。

映画のほうはもちろん84年に公開されて大ヒットしたMTV系映画の最高峰『フットルース』のリメイク作。
けっこう前からリメイクの噂はされていて、07年の時点では『ハイスクール・ミュージカル』で人気急上昇中だったザック・エフロンを主役に撮影されるってニュースが流れたんですけど、これがいっこうに進まないうちにザックが降板。次は『ゴシップ・ガール』で大人気のチェイス・クロフォードを主演にって話も出たんですけど、こちらはスケジュールの都合で折り合わず。結局ジャスティン・ティンバーレイクのツアーやマドンナ、マライア、ネリー・ファータド等のPVにダンサーとして出演していた役者としては無名のケニー・ウォーモードを抜擢しての再映画化となりました。

まだ映画自体は未見なので何とも言えないのですけど、日本ではDVDスルーだったし、正直大きな話題になる事もなくひっそりと行き過ぎていってしまいましたよね。厳格な神父役でデニス・クウェイドがキャスティングされていましたけど、他に注目されるような俳優さんもいず、何よりザックからチェイスを経て三段落ち的に抜擢されてしまったケニーさんに華が足りなさすぎたような気配。オリジナルのケヴィン・ベーコンだって華があったかどうかは疑問ちゃ疑問ですけど、色んなことが今回は上手くかみ合わなかったのかな、といった結果に終わってしまった感がありました。
(…正直、ザックやチェイスで見たかったし…)

そしてサントラのほうなんですけど、映画公開直後は本サントラ盤はトップ100圏外なのに、84年のオリジナル盤がトップ40に返り咲くヒットを記録するという珍現象が起きたりしたのですけど、どうやらその後盛り返したようで本作も総合チャートで14位までいくそこそこのヒットを記録。カントリー・チャートでは4位まで上がるヒット作になっています。

そう、なんです。11年公開の本作で使われている音楽は、84年盤で使われていたポップ・ロックではなく、カントリー・ミュージックなんです。
前作の有名曲はそのまま使われていますが、歌っているのは全てカントリーのアーティスト。ケニー・ロギンスの「フットルース」は、現在あちらで大人気のオーディション系番組「ザ・ヴォイス」でアダム・レヴィーンやクリスティーナ・アギレラと共にメンターを務めているカントリー界の大スター、ブレイク・シェルトンが歌っています。

構成は過去のヒット曲の再演と新曲が半々ぐらい。
(正直誰が有名なのかイマイチわかりませんが)「レッツ・ヒア・ボーイ」はジェイナ・クラマーが、「オールモスト・パラダイス」はヴィクトリア・ジャスティスとハンター・ヘイズが歌っており、前の「フットルース」も含めたこの3曲はカントリーに衣替えしても大した違和感なく楽しく聴ける感じ。一番様変わりしてしまったのがエラ・マエ・ボウン(?)という方が歌う「ヒーロー」で、最初聞いた時はこれが「ヒーロー」だとは気付かなかったぐらいアコースティックなバラードに生まれ変わっています。まぁこういうバージョンも悪くないですけど、やっぱりこれは疾走感と迫力溢れるボニー・タイラー・バージョンのほうが圧倒的にいいですね。シャラマーが歌った「ダンシング・イン・ザ・シーツ」も、デビッド・バーナーが歌う「ダンス・ザ・ナイト・アウェイ」の中にサンプリング的にフレーズが使われてリサイクルされています。

オリジナル曲ではライン・ダンスのシーンで使われるビッグ&リッチ・フューチャリング・グウェッチェン・ウィルソンの「フェイクID」がかっこよくてお気に入り。ザック・ブラウン・バンドの渋かっこいい「ホエア・ザ・リバー・ゴーズ」や、巨体の人気R&B歌手シーロー・グリーンがこちらも渋〜くキメるカントリー・ブルース「ウォーキン・ブルース」なんかも良いですね。

今回のリメイク、元来の根強い人気に加えて最近ではキャリー・アンダーウッドやテイラー・スウィフト等のポップ・カントリーの台頭でさらに勢いを増しているカントリー・ミュージックに目を付けたのはいいと思うんですけど、『フットルース』って古い因習を若い力で打破するお話でしょ?その原動力となるのがカントリー・ミュージックっていうのも、何となく違和感があるんですよね。やっぱりここは、大人が眉をひそめるポップ・ロックであってこそかなと。妙に理解が得られちゃいそうなんですもん、カントリーだと。

音源自体には何の問題もないんですが、聴いているとそこはかとない違和感に襲われてしまう…そんなアルバムでございました。
とりあえず映画のほう、見て見なくちゃですね。

チャートデータ
アルバム
Pop 14位/Country 4位/Soundtrack 1位
シングル
「Footlose」:Pop 63位/Country 53位





posted by Suzu at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | サントラ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

ビリー・オーシャン『サドンリー』(85年)

Billy Ocean:Suddenly(85年)

何度かこちらでも触れてきましたけど、最近のリイシュー作品の充実ぶりとリリース量の多さはハンパがなくて。
私が追っているのはR&Bやポップス系が中心ですが、なかなか日の目を見なかったアーティストの作品の初CD化はもちろん、人気だったアルバムにボーナストラックを追加した物など、どうにもこうにもこちらの食指が動きたくなるような代物が月に数十枚単位でリリース。大概が限定生産という事もあって、この機会を逃すと次はいつ手に入れられるかわからないという焦りにも追われ、嬉しい悲鳴を上げ続ける事しきりなのです。

リイシューと言えば昔はRHINOが定番でしたけど、最近はUnidisc、Masterpiece、Wounded Bird、Funkytowngrooves、Cherry Red等専門レーベルも増え、なかでもしのぎを削ってリイシュー合戦を繰り広げてくれているのがFunkytowngroovesとCherry Redの2社。Funkytownのほうは80年代R&Bが中心ですけど、Cherry Redのほうは傘下に50近いカテゴリー分けされたレーベルを抱え、PWL系等80年代ポップスを中心とするCherry Pop、80年代R&B(ブラコン)のBig Break、もう少しソウルに特化したSOULMUSIC.com等、もうチェックするのだけで大変です(smile)。

まぁ初CD化のものはそれだけで有難いのですけど、人気作品のリイシューとなると追加されているボーナス・トラックの量や内容、ブックレットの充実度等が非常に重要なキーになるわけで。そういう点でこの2社を比べると、ボーナス・トラックの内容では拮抗していると言っていい両者ですが、ブックレットの充実度はもう雲泥の差。巷でプート盤と揶揄されるぐらい参加ミュージシャンの表記と解説があれば御の字なFunkytownに対し、Cherry Redのほうは解説、写真、チャート成績等情報量が豊富。資料としての価値も高く、ブックレットのためにお買い上げしたとしても後悔はないぐらいです。

と、いう訳で、そんな長ーい前置きをしておいて本日のお題はビリー・オーシャンが85年にリリースして大ヒットしたアルバム『サドンリー』。言わずと知れた80年代を代表するポップ・ソウルの名盤でございます。

90年代以降のいなくなりっぷりが相当なので今の方からすれば誰?って感じかもしれませんけど、80年代後半のビリーさんの攻勢ぶりは凄まじくて、わかりやすくチャート成績で言えばポップ部門で7曲がトップ10ヒット(うち3曲がNo.1)、R&B部門でも10曲がトップ10ヒット(うち4曲がNo.1)と、ポップとR&Bをまたにかけての大活躍。カリブ海にあるトリニダード・トバゴ共和国出身という出自からか、彼の作る音楽にはどこか南国的な大らかさが漂っていて、温かみのある歌声、(これも出自の影響か)嫌味にならないポップ志向等、80年代のまろやかなR&B=ブラック・コンテンポラリーを象徴するような存在がビリーさんでございました。
本作はあまりのヒット盤なので改めての解説も必要ないんですけど、久しぶりに聞いてみてもその耳辺りの良い歌声、サウンド、楽曲等は相互に相乗しあってパーフェクトな出来。ポップとR&B双方で1位を獲得した「カリビアン・クイーン」はマイケル・ジャクソンあたりを研究して作られたようですし、80年代バラードの定番と言っていい「サドンリー」の源泉はライオネル・リッチーかな。下積み期間の長かったビリーさん、しっかりと今受ける音楽とは何かというのを研究しての世界攻略だったようです。

でまぁ本盤をわざわざ取り上げたのは昨年Cherry Popからリイシューされたスペシャル・エディション盤をご紹介したかったから。
ボーナストラックは「カリビアン・クイーン」「ラッキー・マン」「ミステリー・レイディ」「ラヴァーボーイ」4曲のエクステンディッド・バージョン収録とまぁ普通なのですけど、今盤はブックレットが充実していて、15ページのカラー刷り、前半のしっかりとした作品解説に加え、後半6ページを使ってUKでのシングルとアルバムのディスコグラフィーをジャケット写真つきで掲載。資料価値も高いですし、何より見て楽しい。全てのリイシュー盤がこうあってほしいという理想的なお仕事がなされている逸品です。

チャートデータ(US)
アルバム
Pop 9位/R&B 3位
シングル
「Caribbean Queen (No More Love On The Run)」: Pop 1位/R&B 1位/AC 7位
「Loverboy」: Pop 2位/R&B 20位
「Suddenly」: Pop 4位/R&B 5位/AC 1位
「Mystery Lady」: Pop 24位/R&B 10位/AC 5位
「The Long And Winding Road」: AC 24位

アダルト・コンテンポラリー・チャートでも大活躍のビリーさん。
「カリビアン・クイーン」ではグラミーのベストR&B男性部門も獲得しています。



ビリーさんの近影。歌声は変わりませんが、ご本人はだいぶ変わられましたね。



最近リイシューされた1st〜6thまでのアルバム群。ヒット曲だけを楽しみたいならお手頃なベストがお薦めです。


posted by Suzu at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | R&B系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

『アベンジャーズ』のその前に…。

ゴールデンウィークの贅沢

GW前半が終了しましたけど、皆様いかがお過ごしでした?結局私はたまたま用事で実家に出かけた妻にあちらでの滞在を伸ばしてもらい、一人好き勝手に映画を観たり音楽を聴いたりブログを書いたりの2日間。つかの間の贅沢させていただきました。
そんな訳で、ここ最近見た映画のおまとめで〜す。

『君への誓い/The Vow(12年)』

チャニング・テイタムとレイチェル・マクアダムス主演のラブ・ストーリー。交通事故で自分を愛していた記憶をなくしてしまった妻、その愛をもう一度取り戻せるか…という実話ベースのお話。冒頭の事故以外大きな出来事も起こらず、どちらかというと淡々と主人公たちの心情が描かれていく感じは実話ベースだからなんですかね?肉体派の割にロマンチックな役が多いチャニングとチャーミングなレイチェルが見たい!という向きにはお薦めです。レイチェルの父親役でサム・ニール、母親はどっかで見た俳優さん…とエンド・クレジットで確認したら何とジェシカ・ラング!時の流れは思いの外ですね。

220px-The_Vow_Poster.jpg


『抱きたいカンケイ/No Strings Attached(11年)』

ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャー主演のラブ・コメディ。人を愛する事が出来ないエマがひょんな事から関係を持ってしまった友達のアダムにセックス・フレンドになる事を提案。最初はうまくいっていた関係がお互いを意識しあうと共にこじれていって…というお話。下世話な邦題のおかげでちょっと斜めから見始めましたが、これが意外にあたり。きわどい描写も多いけど何気ないやりとりにユーモアのセンスがあって、駄作の多いラブ・コメの中ではかなりの秀作になってます。ナタリーが全然コメディやってるように見えないのが難点と言えば難点ですが、それが作品を軽くさせすぎない重しの機能になってるのかも。




『ステイ・フレンズ/Friends with Benefits(11年)』

ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・キュニス主演のラブ・コメディ。それぞれ上手くいかない恋愛ごとに嫌気の差したディランとジェイミーはセックス・フレンドになることを提案。最初はうまくいっていた関係がお互いを意識しあうと共にこじれていって…って『抱きたいカンケイ』と一緒じゃん。コメディエンヌとしてはミラのほうが好感がもてる感じで、ジャスティンとの相性もばっちり。ディランの父親の痴呆の問題、親子の確執などさり気なく考えさせられるポイントを織り込んでたりもしますけど、全体的には気楽に楽しめるタイプの作品です。ジャスティン、すっかり映画づいてますよね。私は音楽家としての彼のほうが好きですけど。




『恋とニュースのつくり方/Morning Glory(10年)』

レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン共演のテレビ業界を舞台にしたコメディー。低視聴率で打ち切り寸前のモーニング・ショウのプロデューサーに抜擢されたベッキーが、かつて硬派でならした大物キャスターマイクの力を借りて番組を立て直そうとするが…というお話。テレビ業界物と言えば「アンカー・ウーマン」、ハリソンのサクセス物と言えば「ワーキング・ガール」が思い出されますが、これらを足して2で割って縮小再生産した感じでしょうか。核となる大逆転劇がないので、サクセス物の肝であるスカッとする部分がないんですよねぇ。とってつけたような恋愛要素もいらないし。




『ハングオーバー!/The Hangover(09年)』

ブラッドリー・クーパー、ザック・ガリフィアナキスら共演のナンセンス&ロード・ムービー系コメディーをようやく鑑賞。09年の大穴ヒット作で現在大人気のブラッドリー、ザックの出世作でもある本作は、バチェラー・パーティーにラスベガスへ出かけたものの酔いすぎて記憶がない上に花婿は行方不明。足跡をたどる間で色んな騒動に巻き込まれ…というお話。もうお腹がよじれるのを覚悟で見始めたんですけど…あらら、思ったほど笑えなかった。もっとものすごいギャグの応酬でドタバタが繰り広げられるのかと思いきや、意外に振り切れた笑いが少なく拍子抜けしてしまいました。ちょっとこちらの期待値が高すぎましたかね。2は据置。




『ブラックスワン/Black Swan(10年)』

ナタリー・ポートマン主演、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス共演のサイコ・サスペンス映画。「白鳥の湖」のホワイト・スワンとブラック・スワンの一人二役を演じることになったバレリーナのニナが、大きな重圧の中で次第にブラック・スワンに心を蝕まれて…というお話。現実と妄想が交錯する中で次第に精神崩壊に陥っていく主人公をナタリー・ポートマンが熱演。癖のあるヴァンサン、魔性の魅力で彼女の心を乱すミラ、偏執的な母親像が「キャリー」のパイパー・ローリーとダブって見えるお久しぶりのバーバラ・ハーシー等脇の役者さんたちも手堅くて、閉塞感のある一貫した画作りもあって最後まで息が抜けませんでした。(妻の感想は…これ、何の話?)




さてここからは今週あちらでは公開されるマーベル・コミックスのヒーローたちが大集合する映画『アベンジャーズ』に関連した映画をご紹介。以前にも書いた気がしますけど、その昔『アメリカン・コミックの世界』というマーベル・コミックのヒーローを紹介したB4版ぐらいの本を持ってたんですよね。スパイダーマンを始め、ファンタスティック4やハルク、シルヴァー・サーファー等、お馴染みなのから見たこともないものまで多数紹介されていて、どんな話なのか想像を掻き立てられたものでした。あれから30年近く経ってそこに載っていたヒーローたちが次々と実写で映画化。いやいやあの頃では想像も出来ない事でした。そこに『アベンジャーズ』も載ってたんですよね。映画の前評判はすごぶる高いようで、今からとっても楽しみにしております。




『アイアンマン2/Iron Man 2(10年)』

ロバート・ダウニーJr主演、グウィネス・パルトロウ、ミッキー・ローク共演のアイアンマン・シリーズの2作目。前作で自分がアイアンマンであることを世間に公表したトニーでしたが、生命維持装置である胸のマシーンの副作用で命の危機に。アイアンマンを兵器と見なした政府の技術提供要求がなされる中、スターク家に恨みを持つイワン(ローク)が別の装置を作って襲撃してきて…というお話。ストーリーのテンポもよくて派手な見せ場も随時織り込まれ、娯楽作品としては文句のつけどころがない一級品。復活仕立てのミッキー・ロークを素早くキャスティングしたのも功を奏し、ミッキーは不気味で魅力的な悪役を楽しそうに好演してくれてます。3は中国との合作になるようですが、お話はとりあえず『アベンジャーズ』へ!




『キャプテン・アメリカ/Captain America: The First Avenger(11年)』

クリス・エヴァンス主演、スタンリー・トゥッチ、ヒューゴ・ウィービングら共演の作品。第二次世界大戦中、ひ弱だけれども誰よりも心根の強い青年スティーブが国の「スーパーソルジャー計画」の被験者になり、強靭な肉体を手に入れた彼はキャプテン・アメリカとしてナチスに戦いを挑んでいく…というお話。昔「ミスターX」っていう手足がゴムのように伸びる人形があったの覚えてます?あんな身体のクリス・エヴァンスが大活躍。正直被験前と後、どっちがCGであってもおかしくないぐらいです(smile)。時代考証を合わせたのか見つめあうだけみたいなラブ・ストーリーもある意味新鮮。『アベンジャーズ』への展開が見えすぎるためか、単体としては妙にお話がこじんまりしてるのが欠点かな。単体での続編制作の企画もあるようです。お話は『アベンジャーズ』へ!




『マイティー・ソー/Thor(11年)』

クリス・ヘムズワース主演、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス共演の作品。北欧神話を元にした異色のヒーローがソーなんですけど、神話の国で行われたアズガルド軍(いいほう)とフロスト・ジャイアント軍(わるいほう)の戦いは大昔に終戦協定が結ばれていましたが、その息子たちソーとロキの時代になって再び権力抗争が勃発。地球を巻き込んだ戦いに発展していく…というお話。浅野忠信さんのハリウッド・デビュー作としても話題になりましたけど、見せ場は少ないかな?これもスケールが大きい割にどこか小さくまとまった感があるのが残念。しかしながら『アベンジャーズ』で重要な役となるロキが出てきますので、やっぱり見ておかないとかなと。出てくるロボットは『地球が静止する日』のゴートみたい。これも続編制作が決まってます。お話はとりあえず『アベンジャーズ』へ!




『グリーン・ランタン/Green Lantern(11年)』

ライアン・レイノルズ主演、ブレイク・ライブリー、アンジェラ・バセット共演のスーパーヒーロー物。宇宙の平和を守る組織の「グリーン・ランタン」。パイロットのハル・ジョーダンは戦士アビン・サーの死を看取った事から次期グリーン・ランタンに指名され、組織の一員として強大な敵に立ち向かっていく事になる…というお話。思わず組織の一員となってしまったハルが、自分の弱点である恐怖心を克服してヒーローとなっていく過程をライアン・レイノルズがいつものようにちょっとコミカルに演じています。自分のイマジネーションを駆使して出現する戦闘道具の数々がみどころ。アメリカではコケちゃったようなのでこれは続編はないのかな?ライアンはこれでブレイクとラブラブになったから本望でしょうけど…。続きは『アベンジャーズ』で!……というのは嘘。これはDCコミックのヒーローなので関係ございませんです。



posted by Suzu at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ミュージカル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。